「寝ながら学べる構造主義」を読んだ

構造主義という言葉やレヴィ=ストロースという人名は知っていたが,その内容は詳しく知らなかったので読んでみた.

マルクス,フロイト,ニーチェの構造主義の観点から概説し,そしてソシュール,フーコー,バルト,レヴィ=ストロース,ラカンの仕事を紹介する本.

レヴィ=ストロースは要するに「みんな仲良くしようね」と言っており、バルトは「ことばづかいで人は決まる」と言っており、ラカンは「大人になれよ」と言っており、フーコーは「私はバカが嫌いだ」と言っているのでした。

(“あとがき”より引用)

彼等の仕事(理論)の素晴しさを平易な文章で紹介してくれるので,頭が良くなった気分になれる.面白い.

ただ,それぞれの哲学者の理論については分かった気にはなるが,じゃあ,構造主義って何なのさ(全体像)や構造主義と彼等の理論の関係(体系的知識)は得られないので,モヤモヤした気持になる.

そういったスタート地点になるという意味では良い本ではないか.直ぐ読めるし.