「OUT OF CONTROL」を読んだ

7編の短編集.ジャンルは多岐にわたる.冲方丁といえば長編で独特の世界観を構築するイメージ. これは『ばいばい、アース』や『マルドゥック・スクランブル』のイメージが強いからかもしれない.短編どうなの?って感じで読んだが,けっこう面白かった.とくにホラーが良く記憶に残っている.以下,各短編のとても短い感想.

まあこ

ホラーである.描写がやけに生々しい.やはり,人形の髪が伸びるのは定番だが,怖い.

ホラーである.オチもついてる.冲方丁のホラーは新鮮である.本書を読んで,ホラーも面白いというのが発見.

日本改暦事情

天地明察の短縮版.

ディストピア

暴走.

メトセラとプラスチックと太陽の臓器

SF.人間の寿命が長くなっても,基本は変わらんなあ.

OUT OF CONTROL

ホラー?文体が一般とは変わっている.