HaskellでDP

HaskellでDPを書いたが、復習に時間がかかり、結局DPしか書けなかった。

本当は分枝限定法も実装するつもりだったのに・・・

終わらない・・・、時間がない。

でも、分枝限定法はDPに終了判定を付加して、深さ優先で探索するようにしてやれば

いいような気がする。つまり、ちょこっと変更すればもうブランチ・アンド・バウンドの出来上がり

になる気がするんだけど・・・そんなに世の中甘くないかね?

まぁ、何とかなるでしょうw

ソースは後日載せましょう。まぁ、Web上の資料をかなり参考にしたけど。

More Reading
Newer// HaskellでDP(2)
Older// 病院