お名前 VPS の iperf ベンチマーク

お名前 VPSのネットワーク品質を調べたい.今まで Onamae VPS は試用期間でアップロード制限がかかっていた.そこで今回は Onamae VPSのアップロード速度を調べる.なお,ダウンロードは十分な速度(200Mbps程度)である.ネットワーク品質を調べるには対向にマシンが必要である.今回は Ablenet 上の VPS を利用した.ちなみに,Ablenet はダウンロードはそこそこ(100Mbps程度)だが,アップロードが遅い(10Mbps程度).

ちなみに自宅のPCで WinSCP を用いて700MB程のバックアップファイルをVPSからダウンロードした際には速度は 2Mbps から 20Mbps であった.なお,時々転送速度を確認した程度なので,より遅い瞬間やより速い瞬間が存在している可能性がある.

環境

送信元マシンはお名前 VPS 上の ArchLinux であり,宛先マシンは Ablenet 上の CentOS 6.6 である.ネットワーク品質を測定するために iperf を使用した.Archlinux, CentOS 6.6 の iperf バージョン は両方とも 2.0.5 だった.

% iperf -v
iperf version 2.0.5 (08 Jul 2010) pthreads

Ablenet VPS 側で iperf をサーバモードで実行する.

iperf -s

お名前 VPS 側で iperf をクライアントモードで実行する.

iperf -c vps

結果

少なくとも5分のインターバルを設定し,3回測定した.アップロードは約90Mbpsであった.かなり良い品質である.念の為,IPアドレスは隠しておきます.

~ % iperf -c vps
------------------------------------------------------------
Client connecting to vps, TCP port 5001
TCP window size: 85.0 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[  3] local X.X.X.X port 39764 connected with Y.Y.Y.Y port 5001
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.1 sec   107 MBytes  89.0 Mbits/sec
~ % sleep 300 && iperf -c vps
------------------------------------------------------------
Client connecting to vps, TCP port 5001
TCP window size: 85.0 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[  3] local X.X.X.X port 39765 connected with Y.Y.Y.Y port 5001
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec   116 MBytes  96.6 Mbits/sec
~ % sleep 300 && iperf -c vps
------------------------------------------------------------
Client connecting to vps, TCP port 5001
TCP window size: 85.0 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[  3] local X.X.X.X port 39766 connected with Y.Y.Y.Y port 5001
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec   114 MBytes  95.2 Mbits/sec