「名探偵 木更津悠也」を読んだ

ネタバレあり.

ミステリ.名探偵(?)を嘲笑う視点が得られる.一見したところ,伝統的なホームズ・ワトソンスタイルの本書.探偵 = 木更津,助手 = 香月.実際は,探偵 = 傀儡,助手 = 真の探偵という役割.読者は助手 = 真の探偵の視点をもつため,探偵役の木更津より先に真相に辿り着く(ような気分にさせられる).そして,愚鈍な探偵を真相へ導くという稀有な疑似体験ができる.いつもは,推理を披露しない名探偵にイライラするが,本書ではまだ分からないのか的な気分でニヤニヤできる.

そんな探偵木更津を遥かに越える頭脳を持っていながら,助手役に甘んじている香月が語る名探偵の資格も興味深い.第4編では,香月が意図的に新たな被害者を発生させてしまう(木更津も無能ではないらしく,香月のしたことには気づいている模様だが,どこまで理解しているかは不明である).やはり,麻耶雄嵩の探偵はクセがあり,そこが魅力的である.

名探偵 木更津悠也 (カッパ・ノベルス)