Nginx の fastcgi cache を利用して WordPress を高速化する

前回(CentOS 6.5 に WordPress 4.0 をインストールする.)の続き.

標準だとアクセス毎に動的にページを生成するので遅い.動的ページのキャッシュを保持することで高速化する.キャッシュは nginxのキャッシュには proxy cache もあるが,今回は proxy としては利用していないので,fastcgi cache を利用する.

結果

Apache benchmarking tool (ab コマンド)で前後を比較すると約100倍高速化した.

without fastcgi cache

実行中に top を見ると cpu がボトルネックになっているような印象.

ab option time (ms) request (#/sec) transfer (KB/sec)
-n 10 -c 10 3445 2.9 42
-n 100 -c 100 41647 2.4 36

with fastcgi cache

とても速くなった.

ab option time (ms) request (#/sec) transfer (KB/sec)
-n 10 -c 10 30 340 5000
-n 100 -c 100 251 250 5800

環境

  • CentOS 6.5
  • Nginx 1.6
  • WordPress 4.0

nginx の設定

fastcgi のキャッシュを有効にするために /etc/nginx/nginx.conf の http ディレクティブに以下を追加する.設定の意味等は Module ngx_http_fastcgi_module を参照.ここでは inactive=120m とすることでキャッシュ保持期間を120分に設定している(もっと長くても良いかも).

# enable fastcgi cache
fastcgi_cache_path /var/cache/nginx/fastcgi-cache levels=1:2 keys_zone=wp_cache:10m inactive=120m max_size=100m;
fastcgi_cache_key "$scheme$request_method$host$request_uri";

# cache 404 or other
fastcgi_ignore_headers Cache-Control Expires Set-Cookie;

# return old cache if PHP crashes
fastcgi_cache_use_stale error timeout invalid_header http_500;

後は fastcgi を利用している箇所でキャッシュを使用するにすれば良い.

location ~ \.php$ {
fastcgi_pass   unix:/opt/rh/php54/root/var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
fastcgi_index  index.php;
fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
include        fastcgi_params;

# use fastcgi cache
fastcgi_cache wp_cache;
}

しかし,このままだと全てのページでキャッシュが返されてしまう.キャッシュでは期待通りに動作しないページもあるので,選択的にキャッシュを利用する. skip_cache という変数を用意して0の場合のみキャッシュを使用する.なお, try_files を置く場所によって,キャッシュが効かなくなることがあるので注意.http://www.example.com/1234 のようなアクセスが http://www.example.com/index.php?hogehoge みたいに書き換えられてしまうので, try_files を上のほうに置くと if 節にひっかかり skip_cache が1に設定されてしまう.

server {
listen       80;
server_name  example.com;
root /srv/www/wordpress;
index index.php index.html index.html;

# enable cache
set $skip_cache 0;

# POST requests and urls with a query string should always go to PHP
if ($request_method = POST) {
set $skip_cache 1;
}
if ($query_string != "") {
set $skip_cache 1;
}

# Don't cache uris containing the following segments
if ($request_uri ~* "(/wp-admin/|/xmlrpc.php|/wp-(app|cron|login|register|mail).php
|wp-.*.php|/feed/|index.php|wp-comments-popup.php|wp-links-opml.php|wp-locations.php
|sitemap(_index)?.xml|[a-z0-9_-]+-sitemap([0-9]+)?.xml)") {
set $skip_cache 1;
}

# Don't use the cache for logged in users or recent commenters
if ($http_cookie ~* "comment_author|wordpress_[a-f0-9]+|wp-postpass|wordpress_logged_in") {
set $skip_cache 1;
}

location / {
try_files $uri $uri/ /index.php?$args;
}

location ~ \.php$ {
try_files $uri =404;
fastcgi_pass   unix:/opt/rh/php54/root/var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
fastcgi_index  index.php;
fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
include        fastcgi_params;

# fastcgi cache
fastcgi_cache_bypass $skip_cache;
fastcgi_no_cache $skip_cache;

fastcgi_cache wp_cache;
fastcgi_cache_valid 120m;
fastcgi_cache_valid any 10m;
}
}

cache の削除

fastcgi_cache_purge が有効になっていれば選択的にキャッシュの削除ができる.しかし,公式から配布されている nginx のパッケージは fastcgi_cache_purge が有効になっていない.そこで,今回はキャッシュの全削除ができるようにする.

/srv/www/wordpress/wp-admin/ に下記の flush-cache.php を作成し,そこにアクセスすることで fastcgi の cache を削除することができる.

<?php
array_map('unlink', glob("/var/cache/nginx/fastcgi-cache/*/*/*"));
array_map('rmdir', glob("/var/cache/nginx/fastcgi-cache/*/*"));
array_map('rmdir', glob("/var/cache/nginx/fastcgi-cache/*"));
?>