Realforce買ったよ(一ヵ月半前ぐらいに)

ついに念願のRealforceを手に入れたぞ!

約1ヶ月半ほど前に購入したのは英語キーボードのテンキーレスで静音モデル

Realforce 87UB SE170S http://www.archisite.co.jp/topre_se170s.htm

です.

修論書き終わったし,とかいう謎の理由で2月のはじめごろに購入.

勢いで買った後悔はしていない.

写真

到着時の様子

realforce_01

箱がけっこう大きい。

realforce_02

と思ったら、緩衝材などがたくさんつまっていた。

で、Realforce自体の箱はこんなもん。やはり、配送用の箱がデカイ。そういえば、「大きいことはいいことだ」というセリフもあるな。

realforce_03 realforce_04

最近 Made in Japanをあんまり見なくなった気がする。

realforce_05

肝心のキーボードはこんな感じ。

realforce_06 realforce_07

 

数あるRealforceの中でなぜこのモデルなのか?

理由

  • 英語キーボードが欲かった.
    • 日本語キーボードは余分なキーが多い,それらのキーにショートカットを割り当てれば良いという意見もあるが,メンドウ.
  • テンキーはいらない.
  • 静電容量無接点式が欲かった.
  • 可能ならば静かなほうが良い.

じゃあ,なぜHappy Hacking Keyborad(HHKB)じゃないの?

あれは特殊すぎる,Linuxしか使わないなら問題ないと思うけど,

Windows環境で使うにはちょっと苦労が多そう.

とくにF1~F12,矢印をファンクションキーと組合せないと押せないのは不便(と思った).

そして,そのファンクションキーは右シフトのさらに右にある.

ファンクションキーをほとんど使用しないならば,何も問題ないと思うけど,

端末とEmacsやvimぐらいしか使用しないならば,HHKBにしてもよかったと思う.

しかし,Windowsのアプリケーション(ゲームともいう)を使用するときは

大抵,F1~F12や矢印,シフト+F1~F12とかを良く使う(気がする).

で,Realforceはどうなのよ?

まず,はじめに言っておくと僕のタイピングスピードは遅い.

つまり,高速タイピスト的視点はまったくない.

購入したRealforce,満足しています.キーが軽い,やわらかい.

「ストトトトト」と入力できる感じ.

そして,長時間使用しても疲れにくい.そりゃ,人間なんだから疲れますよ,生きていれば.

ただ,指の負担は非常に少ない気がする.気がするだけかもしれないけど.

静音性は,まあこんなもんか,って感じ,完全な主観だけど.

というか静音でないRealforceの音を良く知らないので判断できない.

あくまで,静音であって,無音ではない.しかし,何回か静音でないRealforceを

試し打ちしたことがあるけど,キーが戻るときに比較的,耳につく高めの音がした

記憶があるけれど,それが静音版だと音はするけど,あまり耳に残らないというか,

気に障らないというか,そんな感じ.

テメーの説明分からねーよ,って人はリンク先の動画を見るよろし.

http://www.archisite.co.jp/topre_se170s.htm

DIPスイッチ!?

CtrlはAの左じゃないとダメみたいな,駄々っ子の方もいらっしゃるでしょうが,そんな人でも安心です.

まあ,僕も駄々っ子なわけですが…

このキーボード裏にスイッチがあって,CtrlとCapsLockを入れ替えられたり,NumLockを無効にできたりと

痒いところに手がとどくようになっている.やっぱり,「CtrlはAの左」が正義である.

しかも,CtrlとCapsLockを入れ替えたとき用に交換用キートップとキー交換用具

(といっても,単なるU字型の金属)が付属しています.さすがTopre!わかってる!

(でも、キートップなかなか外れなくて、交換が結構大変だった。)

これ以外にも赤いEscや青い(どちらかというと水色?)のW,A,S,Dのキートップが付属していました.

こっちは使ってないけど.

realforce_08 realforce_09

あと,ちなみに普通のキートップは墨色(黒と灰色の中間?)に黒で文字が印字されています.

これを見にくいととるか,カッコイイととるかは人それぞれだと思います.

え?何,そりゃモチロン カッコイイ派ですけどね,僕は.

不満点とかないの?

僕にとってほぼ完全無欠に近いRealforce 87U SE170Sであるが

使いずらい点が1点だけある.しかし,これはどうしようもないし,

買う前に検討すべきだった点である.

それは,

バックスラッシュキーの位置である.

これはこのキーボード特有のことではなく,一般的な英語キーボードにおける

(僕個人が感じている)問題である.

個人的にはこのキーが(FxやEsc,PrintScreen,Homeなどを除いて)一番遠いところにあると思う.

上から2段目の右端にそいつはいるのだが,どう見てもBackSpace,Enterよりもキーが小さい,

Ctrlとは同じ大きさではあるが,Ctrlは左にもあるし,そっちをメインに使用するので問題ない.

普段はバックスラッシュなんか,ほとんど使用しないわけだが,tex使って文章を作成するときに

多用する.もう,バックスラッシュ打ちまくり,そして,僕の右小指が遠征しまくり.

右の小指が長い人なら楽々なんだろうが,僕は(多分)右の小指が平均より短いと思われ

この出張が結構負担である,というかイチイチそこまで行くのが面倒.

日本語キーボードを使っていたときは,「?/」の右にあるキーで打てたので,

手を少し動かせば,難なくバックスラッシュを打つことができた.

が,しかし,今はである.今は約3倍(当社比)以上もの距離を右小指が旅をしなくては,

目的のバックスラッシュキーには辿りつけないのである.

これはいかんともしがたい問題である.

そのため,毎日小指が長くなる体操をしている始末である.

勿論,嘘.

このバックスラッシュキーが押しにくいことを除けば不満点は何もない.

ただ,これが結構イタイ.

でもどうにもならんしなあ.

確かにキーを入れ替えるのは1つの手ではある.しかし,入れ替える先のキーが思いつかない.

標準からあんまりいろいろ変えると,後で大変だし(予想).

最後に一点,Windows 7で日本語入力時に英語配列で入力するのには

レジストリの設定が必要でした.なんでわざわざ,レジストリ書き換える必要があるのかと.

GUIで設定できるようにして欲しい.これだと,日本語配列キーボードを接続したときは

またレジストリを書き換えないといけない.面倒である.Linuxみたいに

setxkbmap us or setxkbmap jp

で切り替えられたら楽なのに.まあ,別のキーボードを接続したことはまだ無いんですけどね.

結論

Realforce 87UB SE170Sは良いキーボードである.

英語配列でテンキーレスを考えているならば,考慮に値する.

静音性は自分の耳で確かめて.

DIPスイッチが地味に便利.

ただしバックスラッシュは遠い(主観).

そして,値段は高い.

実は最後が最も重要かも.

いくらなんでも,キーボードに2万以上はキツい.

しかし,修論提出直後等だと,脳がイイ感じに疲れているので,

判断能力が通常時に比べ,鈍っているのかも.

以上、長文・駄文終了。