静電容量無接点方式のキーボードを触った。

いわゆる高級キーボードですね。

どうせ、たいしたことないだろうと思っていた。

そう思っていた。

今日、実物を触って認識を改めた。表現するのが難しいのだけれど、非常に快適なタイピング感覚。

楽にキーを押せて、自然と、キーが戻ってくる。

イメージは弾力のあるゼリー、スライム、マシュマロ。

素晴らしい。

ただ、値段が高い、高すぎる。基本二万って何。