インテルコンパイラをインストール(メモ)

目標:とりあえずインストール

http://software.intel.com/en-us/articles/non-commercial-software-download/

まず,アーキテクチャが3種類あって迷う.

  • IA-32
  • Intel 64
  • IA-64

なんで64bitが2種類あるの?

たぶん

  • IA-32 :ふつうの32bit用
  • Intel 64:ふつうの64bit用
  • IA-64 :とくべつな64bit用

だと思う.

詳しくは

IA-32 – Wikipedia

x64 – Wikipedia

IA-64 – Wikipedia

ところで Redistributable Libraries は何?

少なくとも必要なもの

  • libstdc++5
  • ライセンス(シリアルナンバー,ダウンロードの際に表示されていた記憶がある)

ライセンスファイルをもっている場合(2回目以降など)はコピーしておくと楽.

% sudo mkdir -p /opt/intel/licenses/
% sudo cp foo_bar.lic /opt/intel/licenses/
% cd l_cproc_p_11.1.064_ia32
% ./install.sh
ステップ: 1 / 7 |ようこそ
--------------------------------------------------------------------------------
インテル(R) C++ コンパイラー Linux* 版プロフェッショナル・エディション
バージョン 11.1 へようこそ。
インテル(R) C++ コンパイラー Linux* 版プロフェッショナル・エディションには、
堅固でハイパフォーマンスな並列コードを構築する強力な基盤を作成できるように、
ハイパフォーマンスなインテル(R) C++ コンパイラーに加えて、
インテル(R) デバッガー、インテル(R) スレッディング・ビルディング・ブロック
(インテル(R) TBB)、インテル(R) インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ
(インテル(R) IPP)、インテル(R) マス・カーネル・ライブラリー (インテル(R) MKL) が
含まれています。
--------------------------------------------------------------------------------
このインストールには、次のステップが含まれています。
ステップ 1 : ようこそ
ステップ 2 : ラインセンス契約
ステップ 3 : アクティベーション・オプション
ステップ 4 : インストール設定
ステップ 5 : 設定サマリー
ステップ 6 : インストール
ステップ 7 : インストール完了
--------------------------------------------------------------------------------
Enter キーを押して続行するか、"q" を押して中止します。:

ステップ: 2 / 7 | ライセンス契約
--------------------------------------------------------------------------------
インストールを続行するには、エンド・ユーザー・ソフトウェア使用許諾契約書
(EULA) に同意する必要があります。EULA は "more" ユーティリティーで表示
されます。EULA を表示中に、スペースキーを押すと次のページが表示され、"q"
キーを押すと表示を終了します。EULA を読み終わった後に同意するかどうかを
選択します。
--------------------------------------------------------------------------------
1. ライセンス契約を表示 (必須) [デフォルト]
h. ヘルプ
b. 前のメニューに戻る
q. 中止
--------------------------------------------------------------------------------
オプションを選択するか、Enter を押してデフォルトを選択してください。 [1]:

ライセンスが表示されるので,acceptする.

ステップ: 3 / 7 | アクティベーション・オプション
--------------------------------------------------------------------------------
アクティベーションには、シリアル番号とインターネット接続が必要です。
この処理はセキュリティーで保護されており、匿名で 1 度だけ実行され、
製品を使用するために必要なソフトウェア・ライセンスを確認します。
評価目的でソフトウェアをインストールしたり、後でアクティベーションを
行うこともできます。ソフトウェアの評価期間は 30 日間です。
--------------------------------------------------------------------------------
1. 製品のアクティベーションとインストールを行う [デフォルト]
2. 製品を評価する、または後でアクティベーションを行う:
3. 別のアクティベーション方法を使用する -
リモートでアクティベーションを行う場合、
またはライセンスファイルやライセンスサーバー
を使用する場合は、このオプションを選択してください。
4. ソフトウェア・アクティベーションに関する追加情報を表示する
h. ヘルプ
b. 前のメニューに戻る
q. 中止
--------------------------------------------------------------------------------
オプションを選択するか、Enter を押してデフォルトを選択してください。 [1]: 1

1を選択.

ステップ: 3 / 7 | アクティベーション・オプション - シリアル番号の入力
--------------------------------------------------------------------------------
シリアル番号がある場合は、次のオプション 1 を選択し、シリアル番号を入力して
ソフトウェアのアクティベーションとインストールを行います。
--------------------------------------------------------------------------------
1. シリアル番号を入力してください。 [デフォルト]
2. ソフトウェア・アクティベーションに関する追加情報を表示する
3. シリアル番号はどこにありますか?
4. シリアル番号はどこで購入できますか?
h. ヘルプ
b. 前のメニューに戻る
q. 中止
--------------------------------------------------------------------------------
オプションを選択するか、Enter を押してデフォルトを選択してください。 [1]: ****-********

シリアルを入力する.

ステップ: 4 / 7 | インストールの種類
--------------------------------------------------------------------------------
ソフトウェアのアクティベーションが完了しました。標準インストール (デフォルト
のインストール・オプションを使用) またはカスタム・インストール (デフォルトの
インストール・オプションを変更) を選択してインストールを続行してください。
--------------------------------------------------------------------------------
1. 標準インストール (推奨) [デフォルト]
2. カスタム・インストール (上級ユーザー向け)
h. ヘルプ
b. 前のメニューに戻る
q. 中止
--------------------------------------------------------------------------------
オプションを選択するか、Enter を押してデフォルトを選択してください。 [1]:

とりあえず,標準インストールを選択した.

ステップ: 4 / 7 | インストール設定 - オプションの必要条件の不足
--------------------------------------------------------------------------------
1 つまたは複数のオプションの未解決問題があります。インストールを続行する前に
すべての問題を解決することを推奨します。インストールを終了せずに、問題を
解決して再度チェックすることができます。インストールを終了して問題を解決し、
再度インストールを実行することもできます。
--------------------------------------------------------------------------------
オプションの必要条件の不足
-- オペレーティング・システムの種類を認識できません
-- システムの glibc/カーネルのバージョンがサポートされていないか、検出できません
-- binutils のバージョンがサポートされていないか、検出できません
--------------------------------------------------------------------------------
1. 不足しているオプションの必要条件をスキップする [デフォルト]
2. 問題の詳細情報を表示する
3. 必要条件を再度チェックする
h. ヘルプ
b. 前のメニューに戻る
q. 中止
--------------------------------------------------------------------------------
オプションを選択するか、Enter を押してデフォルトを選択してください。 [1]:

なんだってー!とりあえず問題の詳細を表示してみる.

ステップ: 4 / 7 | インストール設定 - オプションの必要条件の不足
--------------------------------------------------------------------------------
実行中のオペレーティング・システムを認識できません。このリリースでは次の
オペレーティング・システムがサポートされています。
- Asianux* 3.0
- Debian* 5
- Fedora* 10 (IA-32 およびインテル(R) 64 のみ)
- Red Hat* Enterprise Linux* 3, 4, 5
- SGI ProPack* 5 (IA-64 およびインテル(R) 64 のみ)
- SuSE Linux* Enterprise Server* 9, 10, 11
- Turbo Linux* 11
- Ubuntu* 9.04
--------------------------------------------------------------------------------
1. 次の問題を表示する [デフォルト]
2. [必要条件サマリー] ダイアログへ戻る
h. ヘルプ
b. 前のメニューに戻る
q. 中止
--------------------------------------------------------------------------------
オプションを選択するか、Enter を押してデフォルトを選択してください。 [1]:

これは問題ない.

ステップ: 4 / 7 | インストール設定 - オプションの必要条件の不足
--------------------------------------------------------------------------------
システムの glibc/カーネルのバージョンがサポートされていないか、検出できません。
サポートされている glibc/カーネルのバージョン:
アーキテクチャー    カーネル        glibc
IA-32               2.4             2.2.93, 2.3.2
IA-32               2.6             2.3, 2.4, 2.5, 2.6
IA-64               2.4             2.3.2
IA-64               2.6             2.3, 2.4
インテル(R) 64      2.4             2.3.2
インテル(R) 64      2.6             2.3, 2.4, 2.5, 2.6
--------------------------------------------------------------------------------
1. 次の問題を表示する [デフォルト]
2. [必要条件サマリー] ダイアログへ戻る
h. ヘルプ
b. 前のメニューに戻る
q. 中止
--------------------------------------------------------------------------------
オプションを選択するか、Enter を押してデフォルトを選択してください。 [1]:

glibcが新しすぎるようだ.現在のglibcは2.11.

新しいぶんには問題ないだろう.

ステップ: 4 / 7 | インストール設定 - オプションの必要条件の不足
--------------------------------------------------------------------------------
binutils のバージョンがサポートされていないか、検出できません。
サポートされているバージョンは 2.13 以上です。
--------------------------------------------------------------------------------
1. 必要条件を終了してインストールを続行する [デフォルト]
2. [必要条件サマリー] ダイアログへ戻る
h. ヘルプ
b. 前のメニューに戻る
q. 中止
--------------------------------------------------------------------------------
オプションを選択するか、Enter を押してデフォルトを選択してください。 [1]:

インストールを続行.

インストールを開始します。情報を変更する場合は、"b" オプションを
使用して前の画面に戻ります。
--------------------------------------------------------------------------------
アクティベーション・タイプ:
シリアル番号: ****-********
コンポーネント:
インテル(R) C++ コンパイラー Linux* 版プロフェッショナル・エディション
IA-32 対応アプリケーション用 インテル(R) C++ コンパイラー
IA-32 対応アプリケーション用 インテル(R) デバッガー
IA-32 対応アプリケーション用 インテル(R) マス・カーネル・ライブラリー
IA-32 対応アプリケーション用 インテル(R)
スレッディング・ビルディング・ブロック
IA-32 対応アプリケーション 用 インテル(R)
インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ
場所:
/opt/intel/Compiler/11.1/064
インストール・モード:
NONRPM
--------------------------------------------------------------------------------
1. インストール [デフォルト]
h. ヘルプ
b. 前のメニューに戻る
q. 中止
--------------------------------------------------------------------------------
オプションを選択するか、Enter を押してデフォルトを選択してください。 [1]:

これでOK.

ステップ: 6 / 7 | インストール
--------------------------------------------------------------------------------
各コンポーネントは個別にインストールされます。インストールをキャンセル
しても、完全にインストールされたコンポーネントはシステムに残ります。
システムおよび選択したオプションにより、インストールにかかる時間は
異なります。
インストールしています。お待ちください...
--------------------------------------------------------------------------------
インストール中 IA-32 対応アプリケーション用 インテル(R) C++ コンパイラー
コンポーネント...
IA-32 対応アプリケーション用 インテル(R) C++ コンパイラー
コンポーネントがインストールされました。
--------------------------------------------------------------------------------
インストール中 IA-32 対応アプリケーション用 インテル(R) デバッガー
コンポーネント...
IA-32 対応アプリケーション用 インテル(R) デバッガー
コンポーネントがインストールされました。
--------------------------------------------------------------------------------
インストール中 IA-32 対応アプリケーション用 インテル(R)
マス・カーネル・ライブラリー  コンポーネント...
ステップ: 7 / 7 | インストール完了
--------------------------------------------------------------------------------
インテル(R) C++ コンパイラー Linux* 版プロフェッショナル・エディション
バージョン 11.1
をご利用いただきありがとうございます。
アクティベーションを行うとサポートサービスが開始されます。無償の製品
アップデートと最新版を入手するにはサポートアカウントを作成してください。
インタラクティブな問題管理やテクニカルサポート、サンプルコード、
ドキュメントにもアクセスできます。サポートサービスは、
製品のインストールまたはアクティベーションを行うと開始されます。
サポートアカウントを作成して、サポートサービスを活用してください。
サポートアカウントを作成するには、サポートサービスの Web サイト
(https://registrationcenter.intel.com/RegCenter/registerexpress.aspx?clientsn=ND
**-********) を
参照してください。
--------------------------------------------------------------------------------
h. ヘルプ
q. 中止 [デフォルト]
--------------------------------------------------------------------------------
オプションを選択するか、Enter を押してデフォルトを選択してください。 [q]:

無事インストールできたみたい.

# ちなみにアンインストールは /opt/intel/Compiler/11.1/064/bin/ia32/uninstall_cproc.sh

このままだとパスとか通ってないので,icc.shとして

#!/bin/sh
. /opt/intel/Compiler/11.1/064/bin/iccvars.sh ia32
% sudo cp icc.sh /etc/profile.d

また,/etc/ld.so.confに以下を追加としておくと,幸せになれるっぽい.

/opt/intel/Compiler/11.1/064/lib
% sudo ldconfig

これで,iccとかicpcとかで使える.