VirtualBox を Ubuntu 8.10 にインストールして Windows XP を仮想化

VirtualBox

f:id:jeneshicc:20090323155433p:image:left

仮想的に別のOSを動かせる.

ubuntu の上で windowsとか,別のLinuxとか.

逆も可能だそうで.

別の仮想化のツールとしては VMWare などが有名.

プリンタがUbuntuではうまく動かない(ちゃんと印刷できるときもある,原因は多分ドライバ関連なんだろうと思うが,根拠はない)ので,

Windows が必要になった.デュアルブートの環境なので,再起動すれば良いが,印刷だけに再起動は面倒.

ということで,仮想化の出番.

参考

http://www.virtualbox.org/

OSE or Not ?

二つヴァージョンがある.

Open Source Edition (OSE) と そうでないもの.

OSEはGPLライセンスでソースも利用可能なんだとか.

基本的には同じらしいが…

It is functionally equivalent to the full VirtualBox package, except for a few features that primarily target enterprise customers.

だそうで.

なので,full (OSEでないもの)をインストールする.

OSEは簡単に apt-get で入れられるみたいだが,OSEでないものはデフォルトの状態では apt-get ではインストールできないみたい.

下準備

apt-get で OSE でない virtual box をインストールできるようにする.

/etc/apt/sources.listに

deb http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian intrepid non-free

を追加.なんかキーを登録するらしい.

wget -q http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian/sun_vbox.asc -O- | sudo apt-key add -

よく理解せずにやっているのが,かなり不安である.

(多分,ここからのパッケージは安全だよ,とか apt に教えているんでしょう,多分).

インストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install virtualbox-2.1

途中, vboxusers というユーザーグループを作ったよと通知があった.

f:id:jeneshicc:20090323144013p:image

virtual box を使うユーザーは vboxusers に属していないとダメらしい.

あと,現在のカーネル用のモジュールがないよ,コンパイルするよ,ってメーッセージがあった.

どうやら,コンパイルするのが良い雰囲気だった.

f:id:jeneshicc:20090323144123p:image

権限の追加

vboxusers に自分を入れないと virtual box 使えません.

GUIで簡単にできて.

システム->システム管理->ユーザとグループを選択.

「ユーザの権限」->「VirtualBoxを使用できる」.

実行

VirtualBox

で実行できた.

f:id:jeneshicc:20090323144542p:image

はじめにライセンスに同意するか聞いてくる.

そのあと,名前とメールアドレス入力画面がでてくる.

f:id:jeneshicc:20090323144148p:image

めんどくさかったので,キャンセル押したら,回避できた.

仮想マシンの作成

新規から.とりあえず windows XP にチャレンジしてみる.

f:id:jeneshicc:20090323144311p:image

メモリは 512MB にする.

仮想ハードディスクをつくる.

f:id:jeneshicc:20090323144404p:image

とりあえず,新規で可変サイズ10GBにしてみる.

f:id:jeneshicc:20090323144447p:image

f:id:jeneshicc:20090323144444p:image

CDドライブから起動するとように,ホストのCDドライブを使うように設定.

f:id:jeneshicc:20090323144721p:image

メモリサイズはあとからでも変更できるみたい.

f:id:jeneshicc:20090323144739p:image

仮想マシンの起動

CD ドライブに CD いれて起動してみる.

なんか,右の Ctrl キーが 重要な役割を果すような情報がでてきた.

f:id:jeneshicc:20090323144519p:image

あとは windows のインストール画面がでて,インストールが進んでいった.

f:id:jeneshicc:20090323145005p:image

f:id:jeneshicc:20090323145003p:image

f:id:jeneshicc:20090323144958p:image

The VirtualBox Guest Additions

マニュアル (http://download.virtualbox.org/virtualbox/2.1.4/UserManual.pdf) によると,

The VirtualBox Guest Additions は便利ツールらしくて,

For any serious and interactive use, the VirtualBox Guest

<p>
  Additions will make your life much easier by providing closer integration between host
</p>

<p>
  and guest and improving the interactive performance of guest systems.
</p>

なんだって.

インストールするには仮想マシンを起動して,ウィンドウのデバイスから選択できる.

選択するとあとは自動でできる.再起動すると,とりあえずマウスの移動がシームレスになった.

フルスクリーンとかもできる(これはもとからかも).

とりあえず,windows update しておいた(時間がかかる).

あと,共有フォルダの設定も行った.

(まず,仮想マシンの設定で共有フォルダの設定をする.)

ゲスト windows のプロンプトで

net use x: \\vboxsvr\Share

とすればアクセスできるようになった.

簡単だ.

USBを有効化

参考

productivelinux.com

Intrepid/Virtualbox/USB

/etc/fstab を編集

/etc/fstab に以下を追加

none /proc/bus/usb usbfs devgid=46,devmode=664 0 0

そして,

sudo maount -a

で,再起動したらしっかり,認識するようになった.

USB接続のプリンタで印刷できた.

めでたし,めでたし.

サウンドを有効化

仮想マシンの設定から,サウンドの有効を選択して,適当にドライバを選択したら,音がでるようになった.

シームレスモードを試してみる

Guest Additions をインストールした後なら, Host (右Ctrl) + L でシームレスモードになる.

どうなるかは,次の画像を見ると分かると思う.

<p>
  <img src="http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/j/jeneshicc/20090323/20090323153747.jpg" />
</p>

<p>
  </a>
</p>

<p>
  Ubuntu の Emacs と Windows の IE7 が同居している.
</p>

<p>
  まるで,Ubuntu と Windows が合体したような感じ.
</p>

<p>
  ただ,Compizとは相性が悪いらしく,Compizを有効にしていると,うまく動作しなかった.
</p>

<h4>
  <span id="i-11"> 感想</span>
</h4>

<p>
  思っていたより,簡単にできた.仮想マシンの動作もスムーズ.ただ,結構,メモリを使っているみたい.
</p>

<p>
  VitrtualBoxみたいなよくできた,フリーソフトはたくさんあるし,よく使うけど,
</p>

<p>
  こういうものを作っている人達に感謝しなきゃいけない,と思いました.
</p></div>