LyXの環境を整える(Ubuntu 8.10)

1.6で様々な機能が追加されたようなので、1.6を使いたい。

しかし、パッケージはない。

がんばって、ソースからビルドする。

基本的には↓のとおりに導入する。

http://www.int.otaru-uc.ac.jp/lyx-howto

インストール

パッケージでインストールするかソースからコンパイルするかに関わらず,

babelのjapaneseオプション(パッケージ)をインストールする必要があるらしい.

cd /usr/share/texmf/ptex/platex/misc
sudo mkdir japanese
cd japanese
sudo wget ftp://ftp.kddilabs.jp/CTAN/language/japanese/japanese/japanese.dtx
sudo wget ftp://ftp.kddilabs.jp/CTAN/language/japanese/japanese/japanese.ins
sudo ptex japanese.ins
sudo mktexlsr

コンパイルには、qt4-moc、qt4-uic、qt4-rccなどのqt4ライブラリが必要らしい.

Ubuntuではlibqt4-devを入れなさいとのことなので,

sudo apt-get install libqt4-dev

lyxのソースをダウンロードして,展開

tar -jxf lyx-1.6.1.tar.bz2
cd lyx-1.6.1
./configure
make

でコンパイル

src/lyx

で動作を確認(英語表示)

sudo make install

でインストール。

lyx

で起動(日本語表示).

設定

メニュー登録

http://wiki.lyx.org/LyX/Iconsからアイコンをもらってきて,/usr/share/icons/lyx/にでも置いておく.

メインメニューに登録.

f:id:jeneshicc:20090224231449p:image

キーバインド

ツール→設定→編集→ショートカット でいろいろ.とりあえず,

デフォルトで Ctrl+H に割り当てられている関数を削除して

char-delete-backward に Ctrl+H

mark-toggle に Ctrl+@

break-paragraph に Ctrl+M を割り当てる.

f:id:jeneshicc:20090224231656p:image

mekeindex → mendex

makeindexを日本語に対応したmendexに変更.

ツール→設定→出力→LaTeX の「索引コマンド」および「用語集コマンド」をmendexに変更.

dvips文字化け

/usr/share/ghostscript/8.63/lib/cidfmap

を削除すればいいみたい.情報元:

http://mlog.euqset.org/archives/ubuntu-jp.lists.ubuntu.com/1413.html

pdflatex → dvipdfmx

http://www.int.otaru-uc.ac.jp/lyx-howto/install/win/misc

/usr/local/share/lyx/imagesの中の

buffer-view_pdf2.png

buffer-update_pdf2.png

をコピーして,…pdf3.pngとリネーム.

スクリーンショット

起動画面

f:id:jeneshicc:20090224231223p:image

ちょっと使ってみた。

f:id:jeneshicc:20090224231224p:image

pdfにしてみた。

f:id:jeneshicc:20090225014029p:image

ちゃんと表示されている。

More Reading
Newer// Problem 201
Older// Problem 200