2011年

Places

住む場所が埼玉県、秋田県、神奈川県と変わって、引越しとか大変でした。はい。

Books

基本的には移動時間にしか読まない。それで、移動時間が減ったので読んだ量が昨年より減りました。秋田にいたときはほぼ読んでなかった。

記録によると昨年は58冊。一昨年は108冊。読んだ本一覧は下で。

面白かった本3冊

占星術殺人事件(島田荘司)

昔からタイトルだけはいろんなところで読んでたので、認識はしていたけど、きっかけがなかったので読んでいなかった。本格推理モノで面白かったです。読者への挑戦が付いているのがまさに本格っぽい。自分のなかで高評価なので最近は島田荘司の本を読もうと思っている。

儚い羊たちの祝宴(米澤穂信)

書店で新発売の文庫として平積みされてたので買ってみた。至高のブラックジョークで雰囲気もでてるし,物語の構成もしっかりしてる(伏線とか)。帯には、ラスト1行の衝撃、みたいな事が書かれていた記憶があるけど、この本は雰囲気と起承転結の転を楽しむ本だと思っている。

サニーサイドエッグ(荻原浩)

なんとなく買った本。カテゴライズするならば、ユーモア小説か。文章のリズムとその中にサラっと混ざっているユーモアが気に入っている。

Programming

ProgrammingというかProjectEuler。最近難しくなったような気がするんですが、気のせいですかね。順番に解いていくという、制約と誓約をかけているので今は332で止まってる。Gameやってるってのも一因。

Music

記録がないのでわからないが多分、Maroon 5 と James Morrison のアルバムを幾つか買ったはず。関係ないけど Moves Like Jagger が近所のホームセンターで頻繁に流れてた。

Games

実は、ゲームダウンロード販売で$500以上使ってました。売り方が上手(今日だけ80%割引とかね)で、安い($8とか)のでついつい買ってしまう。ゲーム一覧は下で。

クリアしたゲーム

Batman: Arkham Asylum ($40)

Assassin’s Creed II ($10)

Assassin’s Creed Brotherhood ($27)

The Last Remnant ($13)

Batman Arkham City ($7.5)

Assasin’s Creed Revelations ($50)

買ったわりには全然プレイしていないということか…

面白かったゲーム1つ(The last remnant)

Batman も Assassin’s creed も面白かったけど、それでは当たり前すぎるので、ここでは The Last Remnant を。これは名前は違うが、Sagaです。詳しい説明とかはgoogleとかwikipediaで調べてください。

良いところは戦闘に戦略要素、運要素が含まれていて楽しいところ、そして敵が強いところ。戦い方が分かってくると楽しい。このゲームはいろいろな遊び方ができて、例えば、40回ぐらい戦闘(ボス戦とか強制戦闘のみ)でクリアできたりする、多分。

ちなみに、このゲームはxbox360でも発売されているが、これを買ってはいけない。いわゆる有料アルファ版である。

Data

2011年購入した主なゲーム

Deus Ex: Human revolution

The Elder Scrolls V: Skyrim

Portal 2

Orcs Must Die!

Assasin’s Creed Revelations

The Witcher: Enhanced Edition

Splintercell: Chaos Theory

Serious Sam Gold Pack

Fallout: New Vegas

SimCity 4 Deluxe

Resident Evil 5

Devil May Cry 4

Left 4 Dead 2

Batman Arkham City

Conter-Strike Complete

Cities XL 2011

King’s Bounty Platinum

Trine

Fallout 3

Just Cause 2

Portal

The Last Remnant

Bioshock

Bioshock 2

Battlefield Bad Company 2

Torchlight

Tropico 3 Gold

Assassin’s Creed Brotherhood

Oblivion

EU III Chronicles

Hydrophobia: Prophecy

Overlord Complete Pack

Sid Meier’s Civilization IV

Tom Clancy’s Splinter Cell Conviction

Assassin’s Creed II

Samorost 2

Brothers in Arms Pack

Prince of Persia Complete Pack

Batman: Arkham Asylum

2011年読んだ本

読んだ本の数:58冊
読んだページ数:23475ページ
ナイス:117ナイス
感想・レビュー:9件
月間平均冊数:4.8冊
月間平均ページ:1956ページ

君たちに明日はない (新潮文庫)君たちに明日はない (新潮文庫)
読了日:12月31日 著者:垣根 涼介
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
読了日:12月31日 著者:アガサ クリスティー
リベルタスの寓話 (講談社文庫)リベルタスの寓話 (講談社文庫)
読了日:12月29日 著者:島田 荘司
少女には向かない職業 (創元推理文庫)少女には向かない職業 (創元推理文庫)
読了日:12月27日 著者:桜庭 一樹
迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)
読了日:12月21日 著者:綾辻 行人
斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)
斜めなのは屋敷だけじゃなくて、その発想も斜め。このトリックには素直に感動した。
読了日:12月19日 著者:島田 荘司
人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫 あ 52-21)人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫 あ 52-21)
読了日:12月16日 著者:綾辻 行人
水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
読了日:12月14日 著者:綾辻 行人
Another(下) (角川文庫)Another(下) (角川文庫)
何ある、という雰囲気を出すのがうまい。あとTVアニメになるそうですが、叙述トリック的な部分があるけど大丈夫だろうか。
読了日:12月08日 著者:綾辻 行人
Another(上) (角川文庫)Another(上) (角川文庫)
読了日:12月08日 著者:綾辻 行人
皇帝のかぎ煙草入れ (創元推理文庫 118-11)皇帝のかぎ煙草入れ (創元推理文庫 118-11)
読了日:12月05日 著者:ディクスン・カー
占星術殺人事件 (講談社文庫)占星術殺人事件 (講談社文庫)
いわゆる本格ものミステリ。きちんとしたトリックと読者への挑戦状。ここらへんから新本格が始まっただけあって、なかなかインパクトのある、面白い本だった。