xfontselとfc-listとの違い?

xfontselで選択可能なフォントと

fc-listで表示されるフォントが違う。

具体的には terminus フォントが xfontselではリストになかった。

(/etc/X11/xorg.conf 使わなくしたから、それが原因ぽい。)

理由は?

とりあえず、man して調べてみる。

xfontsel

DESCRIPTIONの内容。

The xfontsel application provides a simple way to display the fonts known  to  your  X
server,  examine samples of each, and retrieve the X Logical Font Description ("XLFD")
full name for a font.
(後略)

つまり、X サーバーの設定依存ってこと?

余談

man して分かったことだが、

% xfontsel -scaled

で起動すると好きなピクセルサイズ、ポイントサイズを選べる。

fc-list

DESCRIPTIONの内容。

fc-list lists fonts and styles available on the system for applications using fontcon‐

<p>
  fig. If any elements are specified, only those are printed. Otherwise family and
</p>

<p>
  style are printed, unless verbose output is requested.
</p>

つまり、fontconfigで利用可能なものってこと?

ところで、fontconfigって何?

wikipediaによると、

Fontconfig(フォントコンフィグ、fontconfig)はライブラリであり、システム全体のフォント設定、

<p>
  カスタマイズやアプリケーションからのアクセスを提供するように設計されている。 fontconfig
</p>

<p>
  はキース・パッカードによって作られメンテナンスされている。
</p>

どうやらXは無関係な模様。

つまり…

アプリケーションがfontconfigを利用しているなら、

xfontselにいなくても、問題ないってことか。

# xorg.conf なしに FontPath を追加する方法ってないのかな? HALではできない?

More Reading
Newer// acpi の温度