気がついたら ArchLinux のパッケージが xz になっていた。

そのまま。今まではパッケージは *.pkg.tar.gz だったが

気がついたら、 *.pkg.tar.xz になっていた。

/var/cache/pacman/pkg/ 以下を調べると…

4.1M xorg-server-1.7.5-1-x86_64.pkg.tar.gz
1.9M xorg-server-1.7.5.901-1-x86_64.pkg.tar.xz
18M chromium-5.0.307.9-1-x86_64.pkg.tar.gz
12M chromium-5.0.307.11-1-x86_64.pkg.tar.xz
2.4M smplayer-0.6.8-2-x86_64.pkg.tar.gz
1.5M smplayer-0.6.9-2-x86_64.pkg.tar.xz
4.3M ttf-dejavu-2.30-1-any.pkg.tar.gz
2.0M ttf-dejavu-2.30-2-any.pkg.tar.xz
24M smbclient-3.5.0-1-x86_64.pkg.tar.gz
11M smbclient-3.5.0-2-x86_64.pkg.tar.xz

xzは優秀だ。ちなみに、展開速度に関しては、

パッケージが *.tar.gz から *.tar.xz に変ったのに気がつかないレベル。

普通の環境では展開時間より、ダウンロード時間のほうが大きいから、

総じて、アップデートが速くなるのでは。