これからは xz だ,gz ではなく(bz2はいらない子)

Archlinuxのメーリングリストで xz 形式のパッケージをサポートしてはどうか,みたいな話があった(かいつまんで見ただけなので情報は不正確かも).

詳しくは以下のメールを探してください.

[arch-dev-public] [PATCH] Support xz compressed packages

そこで,圧縮の比較結果があった.

Did some testing with openoffice-base 3.2.0-1-x86_64.tar:

compression speed:

gzip: 0m28.945s

bzip2: 1m21.876s

xz -1: 0m49.244s

xz -2: 1m18.444s

xz -3: 3m34.208s

xz -6: 4m41.148s

decompression speed:

gzip: 0m 5.772s

bzip2: 0m29.433s

xz -1: 0m13.983s

xz -2: 0m12.949s

xz -3: 0m12.706s

sz -6: 0m11.462s

size:

tar: 370728960

gzip: 173262975

bzip2: 165765469

xz -1: 157099460

xz -2: 150147496

xz -3: 142961984

xz -6: 129979708

つまり,解凍が1回ならgzipでよくて,解凍が多数行われるような場合はxzが良いと.

そのときの圧縮率と解凍時間は,ほぼ関係ない(高圧縮しても解凍時間の増加を導かない).

# bzip2は使う理由がみあたらない

しかし,xz -6 の圧縮時間は長いなぁ. gzipの約5倍.そう考えるとgzipはかなり優秀なのかも.