Update祭 in Archlinux

昨日あたりに,パッケージの大量のUpdateがありました.

大量のUpdate,その理由は

たぶん,libjpeg, libpngのバージョンがあがったので,それに対応して,依存しているパッケージがリビルドされた.その反映.

Update,しかし不具合

gtk2のアップデート時にエラーメッセージが表示された.

gtk-query-immodules-2.0 云々.

その後,gtk2に関係しているらしき,アプリケーションが起動しないことを発見 \(^o^)/.

原因

cairo-lcd (in AUR)がまだ,libpngの古いバージョン依存だった.

解決

cairo-lcdを最新のlibpngに対応させる.

AUR (en) – Page Not Found

にあるように,

# Maintainer: Arkham <arkham at archlinux dot us>
# Contributor: Manuel "ekerazha" C. (www.ekerazha.com)
pkgname=cairo-lcd
_realname=cairo
pkgver=1.8.8
pkgrel=2
pkgdesc="Cairo vector graphics library (with custom LCD filter)."
arch=(’i686 x86_64’)
url="http://cairographics.org/"
license=(’LGPL MPL’)
depends=(’libpng>=1.4.0 libxrender fontconfig>=2.8.0 pixman>=0.16.4 xcb-util>=0.3.6’)
makedepends=(’pkgconfig’)
optdepends=(’fontconfig-lcd: automatically configure LCD filter’)
conflicts=(’cairo’)
provides=("$_realname=$pkgver")
options=(’!libtool’)
source=(http://cairographics.org/releases/cairo-$pkgver.tar.gz
lcd-filter.patch)
md5sums=(’d3e1a1035ae563812d4dd44a74fb0dd0
50e5aaea4c3f347c48eb2589938f99a8’)
build() {
cd $srcdir/$_realname-$pkgver
# enable LCD filter (http://bugs.freedesktop.org/show_bug.cgi?id=10301)
patch -Np1 -i ../lcd-filter.patch || return 1
sed -i -e s/libpng13/libpng14/g configure || return 1
./configure –prefix=/usr –sysconfdir=/etc 
localstatedir=/var –enable-xcb –disable-static || return 1 make || return 1 make DESTDIR=$pkgdir install || return 1 }

として,リビルドしてインストール.

firefoxが変

起動させる→起動しない(エラーメッセージなし).

safemodeで起動→起動する.

safemodeで起動,終了,通常モード(?)で起動→起動する.

謎.

エラーメッセージがでないので,なにがなんだか.

More Reading
Newer// 昭和基地
Older//